トップ > 0 保育士の資格とは > 保育士の資格を取得してみませんか?

保育士の資格を取得してみませんか?

今、保育士資格が女性の中でもっとも注目を集めています。

保育士は仕事内容から、ハンデもなく結婚・出産・育児を経験して
活かせる仕事だからです。

保育士の資格を得る前に、保育士の資格の意味を説明します。


まず、保護者が何らかの事情や理由で、自宅で乳幼児を
保育できない人の為に、保護者に変わって乳幼児を保育できる
専門知識を有した資格の事いいます。


厚生労働省の管轄で児童福祉法に基づき保育時間は
原則として8時間とされており、場合によっては条件付で
延長保育も可能です。


保育する年代は0歳~小学校就学児までを保育します。

資格取得法は2パターンあって、

1つめは、厚生労働大臣が指定する保育系の大学や短大・
専門学校を卒業するか、保育士試験に合格する、という方法です。


この時代少子化と騒がれてますが、今は、産休をとり職場に
復帰している女性も多く共働きの家庭が増えているのが現状です。

そして、保育士は保育園以外でも活躍できる場所があります。

家庭福祉員や児童福祉施設でも活躍できるのです。
そういったことから、保育士資格も見直されています。

保育士資格は、立派な国家資格です。

男女雇用機会均等法が制定されたこともあって
一昔前は保母さんという名で世間から呼ばれていました。

今では、男性の保育士も保育現場で活躍しています。

この記事のカテゴリーは「0 保育士の資格とは」です。
保育士の資格を取得するための方法をまとめています
関連記事

保育士の資格を取得してみませんか?

今、保育士資格が女性の中でもっとも注目を集めています。 保育士は仕事内容から、ハ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「0 女性の資格」です。2009年10月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 女性の資格」です。2009年09月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 女性の資格」です。2009年07月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 女性の資格」です。2009年06月11日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索